1. TOP
  2. 不妊治療で親友が妊娠!私も感動したその治療法2つと費用合計とは?

不妊治療で親友が妊娠!私も感動したその治療法2つと費用合計とは?

 2017/07/05 出産
この記事は約 8 分で読めます。 143 Views
不妊治療で妊娠した女性

先日30代後半の友達が妊婦姿で現れ、友達と一緒に大喜びしました。彼女が不妊治療をがんばっていたのを知っていたからです。

詳しい不妊治療については聞いていなかったので、不妊症ってどうやって決まるのか、また不妊治療の費用や種類が色々あることを教えてくれました。

気になるなら、ちょっとでも早い方がいいよとアドバイスをもらったので、自分でも色々と調べてみました。良かったらあなたも参考にしてみて下さいね。

不妊治療を決める判断基準とは?

不妊治療の判断時期とは?

35歳以上の妊娠は難しいというイメージがありましたが、今回30代後半の友達の妊娠により、イメージは変わりました。

でも自分がどのタイミングで不妊症を疑い、検査を受けたほうがいいのかより詳しく知りたかったので、ネットで調べると下記のような内容を見つけました。

ある研究では排卵日とその前2日ぐらいを狙ってセックスをすると、妊娠した人の89%が6周期までに、99%が12周期までに妊娠したと報告されています。

このデータからも、妊娠を望むカップルが1年を経過した時点で妊娠していなかったら、不妊症の検査を受けることを勧めます。

(中略)・・・・・

とくに35才以上でリスク因子がある場合、あるいはリスク因子がなくても40才以上の場合、6ヵ月程度タイミングを取って妊娠しない場合には、産婦人科を受診したほうがよいでしょう。

これは、35才以上では、少しずつ卵子の老化によって体外受精でも妊娠しない方が増えてくるためです。
引用⇒日本生殖医学会 不妊症Q&Aより

 

さて、私も知人と同年代なのでこの内容を読んで、6か月を経過しても妊娠の兆候が無い場合は、早めに産婦人科に行った方がよいようですね。早速、今後の経過を見ていきたいと思いました。

不妊治療法の期間や平均費用金額とは!

不妊治療の費用とは?

では、妊娠を決めるタイミングは知ることができたのですが、やはり心配なのが6ヶ月経過しても妊娠の兆候もなく産婦人科にいったら不妊治療が必要といわれた場合です。

また、もう1つの心配は、不妊治療にかかる期間やその費用についてだったので、これも調べて見ました。その内容が以下のようです。

不妊治療の期間と費用の平均値をデータから見た!

これはある調査機関のデータですが、不妊治療から妊娠までの期間で一番多かったのが、24歳~35歳で19.85%でした。

平均では約2年かかり、治療費の総額も一番多かったのが、100万円~199万円で31.2%。平均で約140万円が必要のようです。

あくまでこのデータは平均値ですので、治療法によって大きな差が生じることもありますので、あくまでも調査機関が行った参考データとしてくださいね。

 

出典:http://www.hopefor-baby.com/money/cost.html

不妊治療に成功した方の口コミ情報・・・

こんな不妊治療法ですが、本当に妊娠するのか?少し不安もありましたので、不妊治療を行って成功した方々の口コミ情報も見つけましたのでご紹介したいと思います。

サトコさん(38歳)「ベビ待ち中」

⇒結婚して10年以上たちますが、夫にEDの傾向が出始めたため不妊治療を始めました。最初にタイミング法を試しましたが妊娠にいたらず、人工授精を行いました。・・・・・・現在1回目の結果待ちです。不妊治療歴:6か月。費用合計:61,500円

マミさん(32歳) 「妊娠成功」

⇒夫が男性不妊であることがわかり、不妊治療専門病院を受診。人工授精を2回行いましたがうまくいかなかったので、体外受精を1回行い、ぶじ妊娠しました。・・・・・・不妊治療歴:2年。費用合計:583,000円

シズコさん(39歳) 「妊娠成功」

⇒原因不明の不妊で人工授精を3回、体外受精を2回行ったもののうまくいかず。栄養療法で体を整ってから体外受精に再チャレンジしたところ1回目に妊娠できました。・・・・・・不妊治療歴:3年。費用合計:1,216,000円

引用:http://www.hopefor-baby.com/money/cost.html

このように不妊治療期間や費用に違いはありますが、皆さん”嬉しい”感謝のコメントのようです。諦めずしっかり継続していく事が重要なんですね。

不妊治療法には大きく2つの治療方法があった!

では、不妊治療に必要な期間や費用の平均値はだいたい理解いただけたとおもいますが、私の場合、もしも半年または、1年様子を見て不妊症の疑いを持ったとしても、不妊治療と聞くと全額実費で高額なイメージがあり、実際に不妊治療が自分に可能なのかなど不安がありましたが、私の友人は自然妊娠をしやすくする方法から始め、費用もそんなにかからなかったと言ってます。

そこで心配だったので、ここでも具体的な不妊治療の須類や方法、金額について調べて見ましたのでご覧ください。

不妊治療法(一般的不妊治療・ART)とその平均金額とは?

では、私が調べた2つの不妊治療方とそれにかかる費用の平均金額を以下の表にまとめて見ましたのでご覧ください。

やはり一般的な不妊治療に比べて、対外受精法・顕微授精法と言われるART法は、やはり1回あたりの費用が高額になるようですね。

しかし、安心してください。・・・・・

後でも説明しますが、このART法(対外受精法/顕微授精法)には、厚生労働省が実施している「特定治療支援事業」が適用されることもありますので、以下で説明している具体的内容を確認してください。

一般的な不妊治療

ART(生殖補助技術)

治療

タイミング法

人工授精(AIH)

体外受精・顕微授精など

費用(1周期あたり)

2千円~2万円

1万~5万円程度

20万~70万円(病院によって異なる)

負担額

3割負担(健康保険適用)

全額

全額(特定治療支援適用の可能性も)

身体への負担

大 (卵巣過剰刺激症候群などの副作用が起こる可能性も)

▲引用:人に聞けないお金の話より

代理母出産」では、1000万円以上の費用がかかり、日本ではまだ一般的ではありません。
「不妊治療は超高額」という噂は、この代理母出産の費用との誤解もあるようです。

タイミング法とは?:初期の段階において、超音波や尿などの基礎検査により排卵日を予測。そのタイミングに合わせて自然妊娠を促す方法をいいます。

高額な体外受精・顕微授精には助成金制度があります!

体外受精・顕微授精の助成金

では、ここより一般的な不妊治療とことなる治療法の「ART(生殖補助技術)」をご紹介しましょう。

この方法は、高額な費用が必要な不妊治療のようですが、国の子育て支援事業の充実によって「助成金適用」も受けられるケースもあるようですので、しっかりお読み頂き少しでも費用を抑えられるようにしましょう。

不妊治療を行うことになって、一般的な不妊治療で効果が出ない場合に、体外受精・顕微授精があるそうです。これらが高額な不妊治療の費用となっていきますが、特定治療支援適用を受けられると助成金がもらえます

そうなると金銭面のプレッシャーが減り、ちょっとは楽に不妊治療に専念できます。

特定治療支援事業の基本内容とは?

体外受精と顕微授精については、厚生労働省が実施している「特定治療支援事業」が適用される場合もあります。

以下の表が支援の基本となります。対象者や助成限度額、所得制限などもありますので、しっかり理解しておきましょう。

 

適用概要

対象者

体外受精・顕微授精以外の治療法によっては妊娠の見込みがないか、または極めて少ないと診断された、法律上婚姻をしている夫婦が対象です。

助成限度額

1回15万円(凍結胚移植(排卵を伴わないもの)及び排卵した方が、卵が得られないものについては1回7.5万円)が助成されます。

所得制限

730万円(夫婦合算の所得ベース)までが対象です。

▲引用:人に聞けないお金の話より

平成28年度4月より新制度がスタート!

いろいろ調べていたら、平成28年4月より新制度がスタートするようです。新制度の変更内容を見るとプラス面とマイナス面があるようです。

以下の表だけでは分かりづらいと思いますので、詳しく知りたい方は、この「厚生労働省不妊治療」のサイトを見て確認してくださいね。

◆⇒平成28年4月1日からの変更点

対象年齢 年間助成回数 通算助成回数 通算助成期間
現行制度 限度なし 年2回(初年度3回) 通算10回 通算10回
新制度 43歳未満 限度なし

初回40歳未満 通算6回

初回43歳未満 通算3回

限度なし

▲引用:人に聞けないお金の話より

初めて助成を受ける年度によって対象範囲や回数が細かく変わりますので、詳しくは「厚生労働省不妊治療」を見て確認して下さいね。

まとめ

友人のアドバイスや、実際に自分で不妊治療について調べてみて、始める前にまずパートナーと費用の面や、治療をする期間を前もって決めておくなどすると、少しでもストレスを減らせると思いました。

更に、確定申告で医療費控除の対象にもなるので、通院費用の交通費など申告できるように記録が必要だと知りました。また、今すぐ始められることとして、基礎体温を測り卵巣機能のサイクルを知ることも大切なんだそうです。

他に代替治療で不妊の為の鍼灸や、身体を冷やさないようにしたり、体質改善の為に血をきれいにするサプリメントなどを飲んでいたら、妊娠されたケースもあるそうです。

今回、気になるお金の面がはっきりできて、私にも可能性があることを知れたので、パートナーと協力しながらベビー待ちを楽しんでいきたいと思います。

ライター紹介 ライター一覧

ハピママ編集部

ハピママ編集部

フルタイムで働く二児のアラフォーママです。
仕事、家事、子育て、義両親のこと…毎日奮闘中です!
このサイトを通じて、いろんな方と交流できればと思っていますので宜しくお願いします。

この人が書いた記事  記事一覧

  • 妊娠中のむくみ、簡単に解決できる3つの対処法

  • 不妊治療で親友が妊娠!私も感動したその治療法2つと費用合計とは?

関連記事

  • 妊娠中のむくみ、簡単に解決できる3つの対処法